Sali Imahigashi本文へジャンプ 
       
Diary


2013年3月
東京駅駅舎


オープンしたばかりのKITTEの屋上からパチリ
皇居 大手門の桜 3/29

目黒&六本木 3/28


目黒川沿いの桜



六本木ミッドタウンの桜のライトアップ
辞書


今日はナレーションでした


仕事の時は必ず持っていく電子辞書を
今日はあえて持っていきませんでした。

iPhoneに
英辞書、大辞林、日本語アクセント辞典等、
仕事で必要な辞書を一通りアプリで入れてあるので、
たまには、これだけで済ませてみようかな、と思って。

現場で辞書を引いてみて思ったんですが、
やはり
物理的キーボードのある電子辞書の方が速く調べられますね。


それでも辞書をアプリで持っておく価値は十分あると思います。

故意に置いて行ったのではなく辞書を忘れた時に
iPhoneさえあれば焦らなくて済むし、
仕事でない時も辞書をいつも携帯していられるって
とても心強いです。



思えば一昔前は
書籍の辞典を持ち歩いていたんだっけ・・・ウソみたい(笑)
浜離宮の桜と菜の花 3/26











ランチは築地で
昨日も貝だったのに、今日も魚介!


築地のトラットリア「パラディーゾ」にて


数日前
上着を脱いで半袖で桜の下を歩いたくらいの陽気だったんですが
昨日今日と寒い日が続きました。

でもその方が桜の花が長持ちするんですってね
貝尽くし


エンジニアの友人と上野で軽く一杯
軽く・・・といいながら二軒行ってしまいました

写真は二軒目の「磯丸水産」にて
浅草 隅田川沿いの桜 3/23


桜に隠れちゃったスカイツリー

ランチは蔵前のカフェ「シエロイリオ」にて



隅田川を見下ろしながら
自然光のたっぷり入ってくる広〜い店内でのランチは
大変美味しかったです
千鳥ヶ淵の桜 3/22


気象庁によると
東京では今日満開になったと発表されました。
上野公園の桜 3/21(木)

今日はナレーションのあと上野公園へ。

10年近く前に録音した作品の修正で、
「声、変わってませんね」と言って頂きました。
何だかすごく嬉しかったです(笑)

嬉しいついでに、どんどん開花している桜を見に上野へ。

16日にはまだまだだった上野公園内桜並木は
もう随分と花開いていて、
平日の昼間ですがたくさんの人で賑わっていました
和田掘公園の桜 3/20(水)春分の日


大宮八幡宮にお参り
祭日で、とてもたくさんの方がお参りされていました。


川沿いの桜 神社近くの和田掘公園にて
上野公園の桜 3/16(土)


西郷さんの像に近い所にある気の早いコ

まぁ早いわね〜と思ったら
桜並木の方はまだこんな感じでした。

今年の桜、早いのかな

一週間ぶりの更新です。
このところちょっと忙しくしていました。

この間、都心部では
夏日になったりまた寒くなったり、
強風や大雨や、空が真っ黄色になったり、いろいろでした。



昨日は
我がジャズの師匠:後藤芳子さんのライブを聴きに行ってきました

メンバーは
中牟礼貞則さんg、佐藤允彦さんp、桜井郁雄さんbでした。


先生がすごいのはもちろんですが
ミュージシャンの皆さんのカッコいいこと!

普段はネガティブなまでに謙虚だったりオヤジギャグ言ったり
親しみやすい方々なんですけど
いったんステージに上がっちゃうと別人(笑)
ひれ伏したくなっちゃうほどです
またやっちゃった・・・

お天気のいい日のテラス席って最高
代官山 Ivy Placeにて


テラス席横の早咲きの桜
今日の風景

実際に見た方がずーっとキレイだったわ〜
ハッとするほど綺麗な夕日と西の空 信濃町にて
リフレッシュ

食べすぎで倒れちゃった訳ではありません
芝生の上に寝っころがる私 都内某所

日差しが最高に気持ちよかったです



いいバターが使われてると思うの
大地とお日様パワーを充電したあとはパンケーキ
これ美味しい!

原宿 San Francisco Peaks のテラス席にて
そのうち行っちゃいそう

昨日スタバで本を読んでいたら
老舗の天麩羅屋さん「土手の伊勢屋」が本に出てきて、
登場人物がとても美味しそうに天麩羅を食べるものですから
居ても立ってもいられなくなり、
かといってスタバには海老天は置いてませんから
つい、シナモンロールを追加で注文してしまいました。


私に予定外の追加注文をさせた本
この著者お気に入りです
「残火」 西村健さん

このあと数時間で夕食っていう微妙な時間に
「胡麻油でカラッと揚げたプリプリの海老が
意識が朦朧とするほど美味い」とか読んじゃったら
他にどうしたらいいの?

 Awaken the Goddess within you . . .  

Copyright(c) 2005-2013 Sali Imahigashi. All rights reserved.